ラスールジャパンについて

投稿日: カテゴリー

ラスールジャパンは米国のNPOであるRasur Foundation Internationalがライセンスを持つ「コネクション・プラクティス」を日本で広めるために、2016年1月に発足しました(それまではBePeaceジャパンとして活動)。

2014年末にBePeaceプラクティスとして最初に日本にもたらされた教えの名称を「コネクション・プラクティス」と変更したのは、このプラク ティスの創始者リタ・マリー・ジョンソン著『完全につながる ーコネクションプラクティスー 平和を生み出す脳と心臓の使い方』の日本語版出版に伴い、国 際的に呼称を統一し、明晰さとつながりを強化するためです。同時に、団体名もBePeaceジャパンからラスールジャパンと変更しました。

ラスールとは、コスタリカの詩『ラスール あの素晴らしい週』の中に出てくる平和のスキルを教えるマスターの名前です。子どもたちの心の中に平和を 生み出す方法を1週間で教え、その村全体が生き生きとした豊かで平和な村に変容するのを見届けたあと、ラスールは次の村の子どもたちに教えるために旅立ち ます。ついに、その「ラスール」が日本にもやってきました。

現在、日本人ラスールは、きくちゆみ、川口久美子、森田玄の3名ですが、これを書いているまさに今(2016年4月22〜24日)、日本で初めてこ のプラクティスの創始者リタ・マリー・ジョンソンを迎えて行われている「ラスール検定試験」に13人が挑戦中です。もしもこの中で新しいラスールが誕生し たら、彼らが「コネクション・プラクティス」を日本各地で教え始めることでしょう。
(7/11 追記:新たなラスールが誕生しました。追って発表します。)

ラスールジャパンは「コネクション・プラクティス」の質を変えることなく、基礎コースを日本各地で提供することで、あなたの心の内と外に平和とつな がりをつくるお手伝いをします。このプラクティスを日本中の子どもたちに伝えて、世代間に伝わる暴力の連鎖を終わらせ、平和とつながりを心の内から創造し ていく教師「ラスール」を養成します。

当面の目標は各都道府県に二人ずつ以上のラスールを誕生させること、各都道府県で毎月基礎コースが提供されている状況をつくることです。

あなたも「ラスール」を目指し、つながりのスキルを次世代に伝えながら、一人一人の心から世界を少しずつ平和にしていく私たちの壮大な夢を一緒に実現しませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA