コネクション・プラクティスをやって、世界が内にあることを確信しました。

投稿日: カテゴリー

「コネクション・プラクティス」

3/12〜13の2日間、基礎講座のパート1を4/3〜4とパート2を習いました。

習った時も、習った後も今も、これは本物なのか、凄すぎる。という驚きの中にいます。

今までずっと探してきました。殴られたような原発事故からは特に。
他者との関わり、家族、世界の在り方。
何故、こんなに争いが多いのか。
本来の日本人から哲学が消えて、骨も消えて、自分の頭のハエさえ(きちんと処理する目も怠り)安易なスピリチャルで曇らせてしまうのが残念すぎました。

少し具合が悪ければ、学んだものも放り投げて医者に走る人々。
自己責任を国民に向かって言う政治家たち。日本をどこに連れて行くのかさっぱりわからない舵取り。

世界がとても危険な状況に陥りそうな気もします。トランプ!貴方も弱みを握られたか。今、ぐっと足腰を踏ん張ってそこに行かないようにするにはどうすれば良いのか。新しい世界へ手は届くのか。
苛立ちばかりで何も掴まえられない焦燥感がありました。

そんな中、心臓脳というお話を聞きました。衝動的にこれを知りたいと思いました。

「コネクション・プラクティス」は非暴力コミュニケーションの方法とハートマス研究所の科学の面からの心臓脳の理解を深めた学びです。

コヒーランスに自分を導き、洞察を聞く。全く簡単に出来ます。心は落ち着き、脳は良い状態に研ぎ澄まされる。脳の暴走は収まり、ハートが優位に穏やかに平和になります。その波動は簡単に伝わり、現実までが簡単に変わる。

これは驚愕でした。

「世界は外にあるのではなく、我がうちに力強く存在している」よく聞く言葉だけれど、実感はありませんでした。
それどころか手法だけを学びとして重なって行くだけで「こうした方がいい」「あーした方がいい」という手法だけで世の中を歩いていました。
無用なアドバイス。無用なあれこれ…。

コネクション・プラクティスをやって、世界が内にあることを確信しました。それもかなり深い所から。
マトリックスだったとは!それが実感できるとは!驚愕は今も続いています。

少しだけ練習は必要だが、誰でも出来るのもいいし、個人の悩みの解消にとどまらない力があります。

分離したまま物事を進めても始まりすらもできないで、今までと同じです。
繋がりは何をもたらすのか。

パンドラの箱、底にあった希望に手が届きそうな気がしています。

(岐阜にて基礎コースを受講された、河村雅恵さまよりいただきました)