高次脳機能障害やてんかん発作へのコヒーランスの効果


この体験談は愛知県⼀宮市に住む51歳の中村祥⼦(なかむらさちこ)さんから頂いたものです。
彼⼥は私の元同僚で、離職後も親しく付き合ってきた⼤切な友⼈です。
中村さんは2017年7⽉、岐⾩県各務原市で開催されたコネクション・プラクティス⼊⾨編にご参加いただきました。
遺伝的な難病を抱えながら、現在は⼈気ラーメン店の⼥将として頑張っておられます。

多くの合併症やそれにまつわる葛藤が彼⼥を襲ったとき、呼吸を整えることで落ち着きをキープできることがわかり、⼊⾨編を受講していただいたときに、それがコヒーランスの状態なのだと知り、今では毎⽇実践しておられます。
最近、病気の脳への影響からてんかん発作を発症し、⾼次脳機能障害と⾔われる症状もあるそうです。
それらをコヒーランスで乗り切れることを確信し、この病気や症状を和らげることができるという事例が、同じように苦しんでいる⽅に届けば…と、この体験談を寄せて下さいました。

てんかんの発作が起こりそうなとき、考えがまとまらずパニックになりかけたとき、不安や焦りが生じたとき、コヒーランスをすると、すーっと落ち着き楽になるということがわかったそうです。
そして、コヒーランスで湧き上がってくる喜びや幸せな感覚が心と体を満たし、それが生きていくエネルギーに転換されているそうです。
彼⼥の体験と実践は、難病を抱える⽅にも、⾝体や⼼にお悩みがある⽅にも希望だと思います。
どうか彼⼥の⽣き⽅とコヒーランスの効果が多くの⽅の光となりますように。

認定ラスール いわた明珠

 

************************************

2017年3⽉21⽇夜、頭痛と吐き気があり痛みどめを多量に服⽤しましたが、治まることはありませんでした。
早朝、近隣の総合病院を受診。
CT撮影の結果、予想はしていましたが、やはり脳内に出⾎がありました。
私は⽣まれつき内分泌系に体質的な傾向があり、⾎圧は常に200オーバー、かなり珍しい症例だそうです。
ドクターのご尽⼒のおかげで無事に命は取りとめました。
出⾎箇所はあまりよくありませんでしたが、幸い後遺症も出ず、病院では「奇跡」とまで⾔っていただきました。
ただ、私⾃⾝が「脳出⾎」という重みに精神が耐えられず、退院後は不眠と摂⾷障害に悩まされたのです。
しばらくして、異常な⼼拍数の上昇が起こるようになり、検査しても原因は不明、毎⽇全く眠れず気づいたら1か⽉が過ぎていました。
苦しくて、苦しくて、どうなってしまうのか不安でした。

そんな時、元同僚にして、ヒーラーでもあり、⼈⽣の悩みにアドバイスを頂いていた”いわた明珠さん”が「コネクション・プラクティス」というものを学ばれていると知りました。
ですが、当時の私は⾃分の⾝体と⼼に起きた変化を全く理解することができず、彼⼥の学びにも思いを馳せることすらできませんでした。

毎⽇、主⼈が仕事に出かけている間、ひとりで沸騰しそうな頭と張り裂けそうな⼼臓を抱えて、不安しかありませんでした。
もし、また⾎圧が上がったらどうしよう…。次はもう(命が)無いかも知れない…。
とにかくせめて呼吸を整えてみよう。
ゆっくりと息を吐き、肺を空にし、⼼の赴くままに酸素を取り込む。
すると肺と⾔うより、⼼臓が不思議な喜びに満ちてきました。
「楽だ。なんて楽なんだ!」
脳にも新鮮な空気が⾏き渡る、⼼臓と脳がまっすぐに繋がっていく感覚、気づいたら涙が頬を伝っていました。
「⼈間も⾃然のものなんだ。⽣きたい。笑いたい。」
⼼臓が穏やかな幸福感に包まれ、私は⾃分の存在を認識することができるようになり、回復していきました。
私は⼀⼈ぼっちではない、愛する仲間がたくさんいる、そして私こそ私を愛していると思いました。
それがコヒーランスの状態なのだと、後から受講したコネクション・プラクティスの⼊⾨編で知りました。
クイックコヒーランスのテクニックを学んだとき、あの感覚が体内に蘇りました。
そして、それは絶対的幸福感だと⾔っても過⾔ではないと思いました。

末筆になりましたが、あの時感じた幸福感が、私たち⼈間を含めて、あらゆる⾃然のエネルギーに備わっていると信じて疑いません。
地球に同化することで起きる偉⼤な感覚、それこそがすべての平和につながると叫びたい気持ちでいっぱいです。
世界中が幸福感に包まれることを祈ってコヒーランスを実践しています。
ご縁を下さった皆様、ラスールの皆様に、私の中の最⼤限の感謝をお伝えしたいと思います。

 

************************************

 

「脳障害を持つ不安の中、息苦しさを感じたとき呼吸を整えると楽になることがわかりました。
コヒーランスを学んで、それが私が実践していたことと同じだと知りました。
てんかんと診断され、いつ発作が起こるのかと⼼配がある中、薬に慣れる事は受け⾝になるという事ではなく、私の⾝体が受け⼊れていくことなのだと知りました(洞察)。
障害はあるけれど、私の⼼臓はすぐに脳に繋がれる。
私が希望だと⾔ってくれてありがとう。
どうか私の苦しみも誰かの役に⽴ちますように。
それが私の⽣まれた意味だから。」

中村祥⼦

“高次脳機能障害やてんかん発作へのコヒーランスの効果” への1件のフィードバック

  1. 体験談ありがとうございます。コヒーランスのすごさをあらためて感じました。
    私も毎日やっていますが、ハートにフォーカスすると本当に心と体が楽になります。
    あの幸福感が絶対的なものなのだとわからせてくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA