No,59【ラスールインタビュー】ラスールひふみん、365日YouTubeに挑戦中!

 なんだか、あっという間に過ぎ去ったような感覚の残る2020年が終わろうとしています。体感としては、「足早に過ぎ去る」という感じではあったものの、ひとつひとつの出来事を思い出してみれば、なんとも密度が濃い1年だったかと思うのではないでしょうか。

 突然の外出自粛や、在宅勤務、休業、休校などで、何か「新しいこと」に着手した人も多かったのではないかと思います。

 そんな2020年の最後にご紹介したいのは、緊急事態宣言の最中である5月24日にYouTubeをスタートしたラスールの藤井一二美さん、こと、「ひふみん」です。「毎日更新」を目標に、今日も動画をアップし続けています!

 新しい年に何をしようか……そんなことを考えている方には、何かヒントになるメッセージがあるかもしれません。

 皆様、どうぞ、良いお年を。そして、素晴らしい新年を!
 2020年も、ラスールジャパンのメルマガをご愛読いただき、ありがとうございました!!

【ラスールインタビュー 藤井一二美(ひふみん)さん】

ラスールひふみん、365日YouTubeに挑戦中!

◆あるのはパッションだけ、とにかく伝えたい!

「365日毎日更新」を掲げYouTubeに動画を投稿しているラスールのひふみん、こと藤井一二美さん(以下、ひふみん)。

1日も休まずに動画をアップするって、なかなか大変なことだと思いませんか。

「ネタに悩まないんだろうか…、うっかり忙しくて…ってことはないんだろうか?」そんな初歩的なことから質問したところ、ひふみんは、明るい笑顔で「ネタは、毎日コヒーランスで思いついたこと。

それから、継続だけは昔から得意なんです!」と教えてくれました

なんと、YouTubeのネタはコネクション・プラクティス(以下、コネプラ)で教えている「クイック・コヒーランス」で得る洞察を使って決めているのだというのです。

ひふみんは、以前からYouTubeに興味があり、「YouTubeでコネプラを伝えたい!」という思いを持っていたのだと言います。

ところが、仕事も忙しく、国内外を飛び回る生活をしていたため、なかなか時間が作れず、そのままになっていたところ、緊急事態宣言の影響で多くの予定がストップ! 

これは、チャンスだと思い、すぐに、YouTubeチャンネル開設の準備を始めたのだと言います。

最初は、「コネプラを伝えたいから、コネプラのチャンネルにしよう」と思っていたそうです。

しかし、YouTubeビジネスのプロの方にアドバイスをいただいたところ、「コネクション・プラクティス」という言葉が、十分に浸透していない中で、そのキーワードで始めるのは難しいという指摘を受けたのだそうです。

そこで、「あなたにできることは?365日続けられるワードは?」と質問されて、ひふみんの口からスッと出てきたのが「自己肯定感」というキーワードだったのだといいます。

◆伝えたいのは「あなた」だけ

「自己肯定感なら自信がある」と言ったひふみんは、今年59歳。

YouTubeを通じて伝えたい相手を考えるとき、自分と同年代の仲間や、同級生たちの存在があるのだと言います。

ラスールになる前、大手人材派遣会社のベテラン社員だったひふみんは、55歳で退職をし、フリーランスとして新たなビジネスを始めるという選択をします。

その選択に、同級生たちは、猛反対。「もったいない」と心配されたと言います。

「どうせ、もうすぐ60(定年)になるんだし、ぼちぼちやっていればいいじゃないか」というのが、周囲の意見でした。

けれど、ひふみんの中では「これまで(55歳まで)、本当によく働いた。

60歳からの人生に向けて加速をつけたい。そのための時間がほしい!」という、揺るがない思いが芽生えていました。

結局、周囲の反対を押し切って、55歳で会社を辞め、独立。フリーランスとして働くために、イチから自分を見つめなおすなど、様々な学びにも挑戦しました。

すると、周囲の景色は一変。これまで想像もしなかったような出会いや、自分自身の発見があったといいます。

そして、その中で、「一生学び続けたい」と感じるコネプラとの出会いもあったのだそうです。

そうした中、ひふみんの日々は充実していきますが、一方で、同級生たちが新しいものをやろうとしない、SNSもやらない、コネプラだって誰もやっていない…

そうした現実を見る中で、「私に魅力がないから、やりたいと思わないのかな。私に魅力があれば、やりたいって思うかしら」と考えるようになったのだといいます。

今回挑戦しているYouTubeも、ひふみんの言葉は、「みなさん」ではなく、「あなた」、一人に対して話しかけるように語られています。

その先には、「ぼちぼち、年を重ねればいい」という同世代の仲間に対して、

「もっと楽しもうよ」

「素敵な世界が待っているよ」

という愛に溢れたメッセージが込められています。

本当に楽しそうにお話をされるYouTubeでのひふみん

◆いいものは、みんなとシェアしたい

ひふみんのYouTubeを見ていて、気が付くのは、彼女がとにかく好奇心が旺盛で、色々なものにアンテナを張っているということです。

「いい」と思ったものは、自ら体験し、実感を込めて周囲に勧めていく。そうした瞬間を、ひふみんは「一番ワクワクする」のだと言います。

「やらされているとか、やらなければではなくて、喜べること、楽しみを見出せるものには、すごく力を入れている」というひふみん。

「365日、毎日YouTube配信」の次の目標を聞くと、「自分のチャンネルを通じて、素晴らしい人やモノ、コトを紹介していくこと」だと、嬉しそうに教えてくれました。

人材派派遣会社のベテラン社員として、多くの人材と出会ってきたひふみんですが、55歳の独立後に経験した人との出会いは、まったく違うものだったと言います。

特に、コネプラを通じて出会う、ラスールたちは、多様で多才、「いい意味で動物園のようだ」と楽しそうに語るひふみん。

そんな様々なバックグラウンド、価値観を持つ人たちが「ほんもの」だと感じるコネプラだからこそ、人と人をつなぐ可能性を強く感じ、もっともっと伝えていきたいと思っているのだそうです。

【編集後記】

2020年も、メルマガを通じて、本当に「多様で、多才な」ラスールたちに出会うことができました。
皆さんとお話しをする中で、共通して感じていたメッセージは、
「コネプラは、ほんもの。だからこそ、伝えたい」という強い思い! 
ラスールジャパンのメルマガチームでは、これからもみなさんの「出会い」と「学び」をサポートしていきたいと思います。

(文責:瀬戸真由美)

ひふみんのYouTubeチャンネル【自己肯定感を高める方法専門家ひふみん】
是非、気になるトピックからチェックしてみてください!
1つの動画が10~15分程度です)
https://bit.ly/3anTE9A

【LINE】ひふみん流自己肯定感を高める方法7日間無料プログラム(無料)
(LINEのIDはコチラ @123love)
https://lin.ee/2wnnqf6sW