ラスール:秋葉 よりえ

演劇(ドラマ)や舞台表現・創作の豊富な経験を生かしながら、コネクションプラクティスで共感やコンパッション(慈愛)のつながりを日常に取り入れるお手伝いをしています!

また、創作の過程にもコネクションプラクティスをところどころにブレンドして、あらゆる角度からつながりの仕組みをはたらきかけています。 本物さ、慈愛、喜び、ありのまま、自由、解放を大事に、毎日「ゼロ」からスタートすることを心がけています。 みなさんとのワークを通して、小さな一歩が大きな飛躍となる瞬間に立ち会うことが大いなる喜びです。

コネクションプラクティス認定講師・ラスール
活動地域:関東、全国

プロフィール

あきば よりえ
幼少から絵を描くのが好きで、高校で美術科を専攻し、NYの美術大学で造形美術を専攻。途中で帰国し、撮影スタジオ勤務でコマーシャル・フォトを学ぶ。

20代前半よりあらゆるメソッドの演技や身体訓練を重ね、自主映画や舞台に多数出演。
30代前半にパペットと出逢い、ものづくりとして新たな世界が広がり、文化庁の新進芸術家としてNYへ派遣され、帰国後にパペットアンサンブル「グラシオブルオ」を立ち上げる。

その時からの理念は、”この世に存在するものは全て繋がっている”。2011年の東北大震災の復興支援活動をきっかけに、つながりをベースにした創作活動を開始。
東北被災地、パレスチナ紛争地、タイのHIVの子どもたちが住む村などでオリジナル人形劇を上演。
同時に身体解放ワークを行い、参加者たちから「共感」について深く学ばされる。

単身で、ロンドンやパレスチナで舞台演出家としても招聘を受ける。
また、被爆者の体験を次世代へ伝承する「ヒロシマの孫たち」を4年に渡り演出する。

近年はマインドフルネス認定講師の夫ニコ・アキバとKomorebiを立ち上げ、米・日で心と体を芯から解放して安穏に導くリトリートや、東京でコネクション・プラクティスとマインドフルネス瞑想を合わせた講座も開催。講座受講者には、個別のフォローアップ・コーチングを提供。

ラスールとして

ご縁でつながるひとりひとりのご参加者と、丁寧に共に学びを深めてまいります。