ラスール:高橋 真澄

投稿日:

高橋真澄
  • 名前:高橋 真澄(たかはし ますみ)
  • 活動地域:北関東、東北
  • 肩書き
    コネクションプラクティス認定講師「ラスール」
    アイバイオテック株式会社 代表取締役。
  • プロフィール
    岩手県花巻市出身。茨城県つくば市在住。妻と子供3人との5人暮らし。
    筑波大学卒業後、有限会社朋友に入社。営業、製造、運用、人材派遣事業等を経験し、キャリアを積む。
    2004年に経営危機を迎え、3年間、建て直しに奔走する。疲弊しきった家庭や同僚、役員を見て、「何のために働いているのか」自問自答の日々を送りつつ、自身に出来ることを全て終えて退職。
    2007年、それまでの経験を活かして、人、家庭、組織が活き活きできる組織を目指して起業。
    2016年、コネクションプラクティスに出会い、ありのままの自分と他人への思いやりを両立する方法がとてもシンプルなことに驚く。本来の自分を取り戻す力、人と人との関係性を圧倒的な速さで豊かにする力、家庭や職場でも自然に使えるシンプルさに希望を見出し、同年、コネクションプラクティス認定トレーナー(ラスール)となる。
    今後は、より豊かな人間関係を主体的に築きたい人たちや、企業にシェアする予定。また、対話と共感により、薬を極力使わないメンタルヘルスへの取り組みを医療関係者と進めたいと考えている。
  • ラスールとしての抱負
    コネクションプラクティスを実践することで得られる感情的な安全性を、企業に伝え、企業から家庭、地域へと伝えることで、創造性に溢れた地域を作りたい。
    また、共感的に聴く・話す場を地域につくり、誰でもエッセンスに触れられるようにし、地域から家庭、企業へと伝える道筋を作り、企業と地域の2方面から社会を安全性に満ちた姿へと変革したい。

ラスール一覧に戻る ↑